ふるさと納税申請と特例

ふるさと納税の利用方法

ふるさと納税は、税金控除の計算方法などが複雑なので、申請のやり方も難しいのでは…と思われるかもしれませんが、実際には至って簡単です。
まず、寄附を行いたい(返礼品が欲しい)ふるさと納税先団体を選び、寄付金を送ります。
この寄付金の送り方なのですが、特設サイトなどからクレジットカードでの決済も出来るなど、自治体によってそれぞれ多岐にわたるので、送りたい自治体のホームページなどで調べましょう。
寄附が完了したら、しばらくすると選択した返礼品と、寄附を証明する寄付金受領証明書が送られてきます。
この証明書を確定申告の際に一緒に提出して、申請は完了です。
すると所得税分の金額が還付金として振り込まれ、残りが住民税から減額されて、住民税決定通知書が届きます。

ワンストップ特例制度

普通の会社勤めをされているサラリーマンの方などは、本来確定申告をする必要がありません。ふるさと納税を利用することで、わざわざ平日に役所に出向くのは難しい・・・という方もいるでしょう。
そんな方の為に、「ワンストップ特例制度」が存在します。
こちらは、寄附を行う際に「ワンストップ特例申請書」もしくは「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」の送付を希望することで、申請書を受け取れます。
これに必要事項を記入し、個人番号カードのコピーを寄附先自治体に送るだけで、確定申告をする必要がなくなります。
ただし、この制度は自治体一つ一つに送る必要があるのと、最大5つの自治体へ寄附した場合のみです。5つを超える場合は確定申告が必要になります。
また、そもそもふるさと納税関係なく、確定申告をする必要があった方は、この制度の利用は出来ません。