ふるさと納税ってどんな制度?

ふるさと納税の控除上限

ふるさと納税の税金控除は、寄附した金額から自己負担額”2000円”を引いた額が、所得税と住民税から引かれます。
そしてその2000円を引いた額に対応した、地域の特産品が受け取れる仕組みです。
では、寄附をすればするほど税金が控除されるのかと言うと、そうではありません。世帯ごとの総所得額に応じて、控除される金額には上限が存在します。
控除額の上限は、詳しい計算方法があるにはあるのですが、分かり辛いので多くの方は計算シミュレーターを利用されています。「ふるさと納税 シミュレーション」で検索すると、いくつかのサイトがすぐに見つかるので、そちらに世帯構成と所得額を入力するだけで簡単に上限がわかります。
控除額に上限はありますが、そもそも地方へ貢献したいというのがこの制度の第一義なので、寄附自体はどれだけしても、問題はありません。

寄附先の選び方

勿論、自分の生まれ育った故郷というだけで選ぶ理由には足りるのですが、他にも色々な選び方があります。

ふるさと納税の大きな目玉である各地方の特産品。これで寄附先を選ぶのが最も主流です。
やはり肉や海産物、米や野菜などの食べ物での返礼品が多いのですが、焼き物などの民芸品・工芸品なども候補に並んでいます。
また、変わり種としてはその土地への旅行や、その土地に作られる公共施設などのプレートに名前を刻む。職業体験のようなイベント参加や、そこに住む親御さんのみまもりサービスなんてものまで存在しています。

また、寄付金の使い途で選ぶ事も出来ます。観光事業や教育事業への投資や、環境保全などで選ぶ方も多いようです。
更に最近は、度重なる災害、天候被害を受けた土地への災害支援への復興募金としての使い途も受け付けています。